『坪井』の町のできたわけ

熊本での『ざんさんのおはなし劇場』 その際に、希望があれば直前のワークショップとして、子どもたちと、お芝居を作ります。 以下はそのお芝居でできたお話です。 本番は子供(小学2年生の男女9人と中学1年生の男の子に、年長2人)とスタッフの大人が、加藤清正公に村人、雷の子ども役で出演し、お客さんを前に堂々ものがたりを演じました。 お話はその演者たちが知恵を絞り、地域に思いを馳せて作ったものです…

続きを読む