外郎(ういろう)売

俳優さんやアナウンサー志望の人がいまでも練習に使います。 歌舞伎の外題の一つですね。 小田原に古くからある薬屋さん、そこの薬を使って病気が治ったと2代目市川團十郎さんが、大道商人の薬屋という設定で作ったのがこの『外郎売』 今では、歌舞伎十八番として、十二代目市川團十郎さんが復活演じられて有名になりました。 では、以下に https://www.dropbox.com/s/fzt…

続きを読む

山鹿での公演もさせていただきました。

http://blog.livedoor.jp/afutafubarban/archives/1843026.html 仲間の佐藤律子さんの投稿をお借りしての報告です。 山鹿では、八千代座の一角に新設された交流館のホールでの公演。 八千代座から平台など、お借りして、子どもと大人とお話を通して触れ合うことが出来ました。 古い舞台が町にあるっていいですよね。 回り舞台は人力で今…

続きを読む

帯山のおはなし4つ

帯山地域では、 地域公演という形で、 帯山子ども劇場のお母さんたちが中心になって、地域に働きかけて、公演を4つ組織してくださいました。 ありがとうございます。 大学生や社会人になりたての青年も活動を盛り立ててくれて、 それぞれの会場で素敵な出会いがありました。 また、希望者の大人で作った地域の地名に関するお話が面白おかしく、できたので、 つたない私の語りで以下にご紹介します。 本…

続きを読む